「柏まちカレ」千葉日報11/6に掲載

Pocket

千葉日報(2009/11/06)に載せていただきました。
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/local_kiji.php?i=nesp1257485250

柏市中心街をキャンパスと位置付け、一般市民を対象にした生涯学習講座「柏まちなかカレッジ(通称柏まちカレ)」を来春から本開校する市民団体が、今月から「プレ開校講座」を行う。柏まちカレの特徴は、会場を1カ所に固定せず県立東葛飾高校やカフェ、バーなど街なかに設定し、子育てなど身近なテーマから歴史・文化など専門分野まで幅広く取り上げる点。あす7日の記念講演会では、CASという冷凍技術で世界から注目されるアビー(本社・我孫子市)の大和田哲男社長が講師を務め、プレ開校講座を盛り上げる。

講座は、柏の街を活性化させようと、市民団体「柏まちなかカレッジ企画運営会議」(学長、山下洋輔・早稲田大学大学院生)が企画。メンバーは山下学長(31)に賛同した会社員、柏市職員、劇団員ら10人で構成している。

プレ開校講座は、11、12の2カ月に17プログラムを用意。ほとんどは受講料500~1000円。

7日の記念講演会は午後2時~3時半、東葛飾高校で開催。受講料は500円。大和田社長が「柏から世界へ-驚異の冷凍技術」をテーマに講演する。

このほかプレ開校講座では、「手賀沼の生物を知ろう」「わくわく子育て」「1人カフェの楽しみ方」などを予定している。いずれも申し込み先着順の受け付けで、受講人数は10~50人。受講料は当日払い。

山下学長は「学ぶことを通して柏を盛り上げたい」などとし、プレ開校講座を実施・検証して本開校につなげる考え。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)