満州建国大学の卒業生たちの物語

Pocket

三浦英之『五色の虹』(集英社)を読みました。
旧満州の最高学府である建国大学の卒業生たちについて書かれた本です。きちんと歴史が残されてこなかった建国大学について、関係者が高齢化した最後ではないかというタイミングで書かれたものです。

近代の日本を考える上で、植民地については十分ではなかったのではと気付かされます。台湾、朝鮮、満州という問題が集約されたのが建国大学という教育機関だったと、山室信一教授は指摘されています。

現在、グローバル教育や国際理解教育が行われていますが、建国大学は、すでに戦前に取り組んでいました。
民族協和という理想と現実。建国大学の理念とその崩壊。異文化、異民族が互いに分かり合う難しさ。それでも卒業生たちが、言論の自由が保障され、異なる民族が毎晩のように議論していたことは大きかったのではないかと思います。
「衝突を恐れるな。知ることは傷つくことだ。傷つくことは知ることだ。」
卒業生たちの言葉の力を感じます。

建国大学の卒業生は、シベリア抑留や日本のスパイなど、それぞれの国で戦後に苦労されています。なかなか表に出ない歴史かもしれません。しっかりと勉強していきたいです。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)