本のまち八戸の拠点、八戸ブックセンター

Pocket

「本のまち八戸」の拠点です。
市内の民間書店や図書館、市民活動と連携しながら、全国で類を見ない、これからの時代にふさわしい本に関する公共サービスを構想し、提供しています。

館内で販売されているビールが飲めます!

読みたい本と出会い、じっくり向き合えます。

今日は、関係者の話を聴くこともせず、
ただ市民が立ち寄っていくように、私も仕事帰りに本を選び、ビールを飲み、本を読み、購入し、実際に体験してみました。

読書会スペース
八戸出身の三浦哲郎スペース

私は大好きです。
ただ、税金を使って運営する公共施設である「八戸ブックセンター」は、中心市街地を活性化させ、私たちに本の力を気づかせてくれるのか?
そのあたりも、注目したいです。

八戸まちなか広場マチニワ
こうした場所が街にあると、いいですね。

八戸市立美術館も注目です。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)