自分たちの居場所を作る対話

Pocket

学童保育のネクスファに通う夏休みの子どもたちによる対話。

今回は、自分たちの居場所であるネクスファをより良くするために、何をすべきかについて話し合いました。

全体での対話の後、グループに分かれて提案してもらいました。

これまで年に一度くらい、このテーマで話し合いました。
実現の可能性を気にする人もいれば、壮大な計画を提案する人もいて、話がチグハグになることもありましたので、今年は条件を付けました。

「ネクスファの運営は新しいことに投資する予算がないので、宝くじを買う」という設定で、グループごとに宝くじを引きました。ハズレから1億円の中で、考えてもらいました。

奇想天外な案は出ない代わりに、具体的な提案が出てきました。
お金がなくても、ないなりにできることを考えてもらえたのも良かったです。

全体での対話の時には、お金の話と関係なくアイデアが出ていましたが、宝くじの結果が出てからは、お金にこだわった話し合いに変わったのが印象的でした。

image何のためにお金が必要だったのかを忘れてしまうことがあるということを肝に銘じなければと思いました。
子どもの話だからというのではなく、公共事業などでも繰り返してきた過ちです。

お金がないからできないと諦めてしまう意見も聞こえてきましたが、最後まで粘り強く考え、話し合う児童もいました。
どんな状況でも、グループのメンバーと向き合い、力を合わせていく姿勢も身につける練習でもありました。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)