作ることで学ぶ

Pocket

社会システム改善と技術革新で地球環境を守る活動を定期的に見学させていただいています。

地球の人口増加による食糧不足の問題提起はよく見聞きしますが、ここでは具体的に、解決策を発明しようと実験が繰り広げられています。
牛肉1kgに10~30kgの穀物が消費されているといいますが、ミナミヌマエビ1kgは1kgの穀物(米ぬか)ですみます。しかも、丸ごと食べられ、廃棄されません。淡水で育つのもポイントです。

他にも、エネルギーや気候変動などについて、具体的に行動されています。

思想と行動が一致しています。

自分自身の活動のヒントをいただき、メンターのような存在です。

自分の生活を、お金を払って、他人に任せてしまっていることが多いと感じることがあります。
自分の手を使ったり、足を運んだり、意識を向けたりすることで、他人に任せていた自分の生活を、自分自身が取り戻していきたいです。

自分たちの未来は自分たちで創っていく。
地方自治にも通じるところがあります。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)