『ルポ つながりの経済を創る スペイン発「もうひとつの世界」へのまち』を読んで

Pocket

‪緊急事態宣言が出され、オンライン化は進み、新型コロナ収束後も生身の人間同士のコミュニケーションは少なくなっていきそうです。
社会の分断も心配です。‬

‪地域通貨や時間銀行の仕組みで、テクノロジーも活用しながら、社会のつながりを生み出していきたいと考えています。‬

柏まちなか図書館で、本だけでなく、知恵や労力•時間を貸し借りし合うネットワークを作りたいという活動してきました。
あらためて力を入れていきたいと思います。

柏まちカレ図書館-まち全体を図書館と見立てる

工藤律子『ルポ つながりの経済を創る スペイン発「もうひとつの世界」へのまち』岩波書店 を読みました。

エネルギーや通信などの協同組合など参考になる事例でした。

経営者の理念がメンバーに浸透していないという話を聞きますが、理念の中身ではなく、組織の形なんだと常々思っています。

この本で、協同組合について紹介されています。
方針や給料は組合員で決め、決定権は一人一票の平等。新人もベテラン、役職つきも、給料は同じか最小限の差。
自分たちの理念の元、組合員が公平な立場で協力し合う。

現在の下積みが未来に反映されるか不透明な今日、協同組合の運営には、とても大切なヒントが示されています。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)