フライブルクの交通局を視察

Pocket

フライブルクの交通局であるVAGを訪問し、レクチャーを受けました。
320-1中世からの都市構造を温存し、市街地には自動車ではなく路面電車とバス。人が歩けるスペースを増やしました。交通量は減らすが、移動は増やす。遠くに行く時には自動車用の道路が整備されています。いつでも、家のそばから、待たずに乗れる路面電車。IMG_7250
終電も気にせず、深夜バス。
IMG_7500
徒歩、自転車、路面電車やバス、鉄道、自動車を総合的に考えた交通政策です。
320-4中央駅は交通のハブとなっており、パークアンドライドで、木造円形の駐輪場の他、地下の駐車場と整っています。320-3

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)