NHK千葉放送局アナウンサー・キャスター日記に。

Pocket

NHK千葉放送局アナウンサー・キャスター日記にて、
峰田雅葉アナウンサーに「柏まちなかカレッジ」を紹介して頂きました。

http://www.nhk.or.jp/chiba/caster/nikki/100609_mineda.html

以下、引用です。
峰田 雅葉

柏まちなかカレッジ  2010年6月9日(水)

柏市では、市民による市民のためのユニークな講座が開かれています。
その名は「柏まちなかカレッジ」。柏のまちをキャンパスに見立てて、教室は店舗や集会所、講師と受講生は市民の皆さんです。
この取り組みは、市民自らが理想の学校を作り上げることを目標に、今年4月から始まっています。
講座の内容もユニークで、「一人カフェの楽しみ方」、「無料ではじめるブログ」など、興味をそそられる講座がたくさんあります。
6月1日(火)のFM「まるごと千葉60分」に、「柏まちなかカレッジ」学長の山下洋輔さんに出演していただき、
活動について詳しくうかがいました。そこで、その放送の前に私も講座に参加させていただきました。
数ある講座の中で、私が一番心引かれたのが「美容室オタクへの道」という講座です。
美容師の倉持健二さんが講師となって、美容院の舞台裏を惜しげもなく披露してくれました。
私が参加した日は、シリーズ2回目の「美容室の機械と設備」編で、倉持さんの美容室が会場でした。
美容師の皆さんは、自分専用のはさみを用途別に4種類くらいは持っているそうです。
講師は美容師の倉持健二さん
美容室専用のソフトが組み込まれたレジについても教えていただきました。
このレジには顧客情報を細かく入力する項目があり、お客さんの好みや、いつどんなカットをしたか、など、
しっかり記録されています。
私も前の前にカットしてもらった髪型にしてほしいなと思ったことがあったので、
こうして記録が残されていると便利だと思いました。
「いらっしゃいませ。○○様ですね。えっと・・・」
講座ではシャンプー台の設備について勉強した後、講師の倉持さんが「シャンプーを体験してみましょう。」と言ってくださり、
一瞬、心踊ったのですが・・・、ここではもちろん、私たち受講生が美容師役になってシャンプーをすることに。
私は、今まで生きてきた中で、他人の頭を洗うのは初めてでした。
「まちなかカレッジ」学長の山下洋輔さんを実験台に、はじめてシャンプー体験をさせていただきました。
「首に力が入っていますよ、山下さん。」
受講者4人全員に頭を洗ってもらった山下さん。
終わった後の「安心した表情」が輝いています。
さらに、美容室のいすは、長時間座っていても腰が痛くならないように設計されているそうです。
いす一つとっても、いろいろなメーカーや値段のものがあって、そのお店がどこまでいすにこだわるかは、
経営者の考え方次第だそうで、美容室経営の難しさなども教えていただきました。
倉持さんは「美容室に来て疲れてしまうのは論外。美容室はきれいになるところというこだわりを持っています。」と話してくれました。

なかなか学校では教えてもらえないことを教えてもらうことができる「柏まちなかカレッジ」では、

新鮮な「学ぶ楽しさ」を感じることができました。

 

 

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)