【柏市】新型コロナウイルス感染症における自宅療養者への在宅医療支援体制について

Pocket

新型コロナウイルス感染症における自宅療養者への在宅医療支援体制について、柏市より情報提供がありましたので、共有いたします。

*********

1.概要
新型コロナウイルス感染症の自宅療養者のうち,柏市保健所が必要と判断した方に対して 速やかに医療が提供できるよう,地域の医療機関,訪問看護ステーション,薬局が連携した 在宅医療支援チームと,市が契約した在宅医療機器供給事業者との協力体制により,自宅 療養者への在宅医療支援を8月16日(月)から開始しています。

2.実施協力機関
柏市医師会(医療機関) 柏市訪問看護ステーション連絡会(訪問看護ステーション) 柏市薬剤師会(薬局)

3.在宅医療支援の対象者
中等症Ⅱの方
SpO2(経皮的動脈血酸素飽和度)93%以下
呼吸不全あり

4.在宅医療支援チーム体制と役割

5.在宅医療支援のフロー
6.対応実績(集計期間:R3.8.16~9.16)
53件 【内訳】 対応継続中 8件 , 療養解除 33件 , 入院 12件

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)