進取の精神、学の独立

Pocket

たまたま図書館で手に取った『大隈重信演説談話集』をパラパラとめくりました。

学生時代、大隈重信の演説レコードを聴いた記憶があります。
https://www.waseda.jp/…/contents/2011b/1258/258g.html

本書には、政治、教育、学問、社会、そして人生について、大隈重信のビジョンが示されています。

女子教育の推進や女性の地位向上など、女性へのメッセージもあります。

政治はいかにあるべきか、世界平和のためにを説いています。

たとえば、大隈重信は「余が平和主義の立脚点」の演説の中で、「『武装的平和』による軍拡は、税負担と国民の生活難をまねくとして、軍隊を解散して生活産業にふりむけることを提供する。〜中略〜そして国家の存在を前提としつつも、国際紛争は軍事力ではなく、『仲裁裁判』で解決すべきことを提唱している。」といった内容を示しています。

歴史的なアプローチとグローバルな視点をもった内容です。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)