巡礼の道を歩かれた岩城さんの音楽と祈り

Pocket

長全寺にて、岩城里江子さんのアコーディオンとさわきょうこさんの朗読による「巡礼コンサート」

カミーノと呼ばれる巡礼路を歩かれ、東葛印旛送り大師も歩かれた岩城さんによる「あるきうた」です。

カミーノとは、フランス方面からカトリック三代聖地の一つ、スペインのサンティアゴ•デ•ソンポステーラを目指す約800kmの巡礼路です。岩城さんは、40日かけて歩かれたそうです。

東葛印旛送り大師とは、准四国八十八ケ所東葛印旛大師巡拝で、柏市南部•沼南や松戸、鎌ヶ谷、白井の約80kmを5月1〜5日から歩くものです。
弘法さまの真言宗だけでなく、キリスト教も含むお寺が参加した地域ぐるみの行事が200年以上続いています。

聖ヤコブさまと弘法大師さまのに護られているような有り難いご縁によって実現したコンサートでした。最初に長全寺の武田泰道住職から、ふだんお釈迦さまの教えをお聴きする機会が少ない私たちにでも身近に感じられるようなお話をお聴きしました。

カミーノでも、四国のお遍路さんでも、東葛印旛送り大師でも、歩く先々でお接待していただきます。
武田住職から、布施業についてのお話をお聴きし、このコンサートの休憩時間でも、大瀬由生子さんたちによるスペインにちなんだお料理をお接待頂きました。

お布施の箱には、松本多恵子さんが弘法さまの絵を描かれました。この企画の発案者でもある大野隆さんの版画のクリアファイルも頂きました。音楽を聴きながら、いろんなことを考え、味わうのとのできたコンサートでした。

2年前に、柏まちなかカレッジで岩城さんのお話をお聞きしました。
歩いた経験を、岩城さんがどのように振り返り、言葉にされているか。その時々の受け取め方を味わうことができたのは、貴重な経験です。
以下のブログから、当時のお話をたどることができます。
※カミーノを歩いた岩城さんのお話しをお聴きして

カミーノを歩いた岩城さんのお話しをお聴きして

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)