世界の子どもの本展

Pocket

近所の素敵な本屋さんのハックルベリーブックスでは、年末年始、「世界の子どもの本展」が開催されていました。img_5688

国際児童図書評議会(IBBY)がすすめる世界の児童書213冊が展示されていました。
国際児童図書評議会は、1953年に設立され、子どもと子どもの本に関わるすべてのひとをつなぐ世界的ネットワークです。
広く子どもの本に関する国際協力の機関として、環境や習慣の異なる世界中の子どもたちが共存していける平和な未来を目指し、様々な活動を行われています。

国際児童図書評議会とは

最終日となる今日は、翻訳家のさくまゆみこさんの講演会「子どもの本と世界」が開かれていました。img_5934
私は、年末に見た展示を、もう一度見たいと訪れたら、ちょうどご講演中で、少しだけお聞きすることができました。
子どもが、母国語で本を楽しめることや語り継がれてきた民話についてなど、考えさせられることがありました。img_5941

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)