落語を聴く

Pocket

桂春蝶さんの落語独演会は、笑いあり、涙あり、社会勉強あり、人生の学びありの濃い内容でした。

機会を見つけて、また観に行きたいです。

「高い壁を越えると、今度は、その壁が自分を守ってくれる」といった金言も、面白い話の合間に聴くこともできました。img_4650

「約束の海-エルトゥールル号物語」は、落語で演じるには高い壁なのかもしれませんが、春蝶さんは乗り越えられ、落語家の可能性を切り拓いていると確信しました。

エルトゥールル号事件img_4808

桂春蝶さんのお話をもっと聴きたいと心から思いました。

波は、いつも同じでない。その不安定さを楽しみ、波に乗る。
桂春蝶さんのお父様でもある、先代の桂春蝶さんが、落語家の仕事をサーフィンにたとえて説明されたそうです。
ちなみに、先代の桂春蝶さんはサーフィンをしたことがないとのことですが。

私は小さい頃から、先代の桂春蝶さんのビデオを繰り返し観て育ちました。
大人になってからも、桂春蝶さんの師匠である3代目桂春團治さんのお噺を観に行ったり、DVDを観ていました。

本当に貴重な時間でした。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)