第39回 柏陶会作品展

Pocket

現在63歳から94歳(平均年齢76歳)の会員100余名が陶芸を通じ、介護予防の効果のある趣味と親睦を目的に、生き生きと製作に励まれています。

柏陶会は、柏市の高齢者福祉政策の一環として、昭和52年に、60歳以上の柏市民を対象に、柏寿荘で陶芸講座が開設され、その修了者が陶芸サークルを結成したのが始まりです。
以後毎年、講座修了者が会員となり、引き継がれています。

教育は、学校を卒業したら終わるものではなく、働きながらスキルや資格を得て収入を上げたり、ご高齢になっても生きがいを持って生きるため、生涯学び続けられる環境を整えていきたいです。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)