学校SOS

Pocket

複数の方から、市内の教育に対する問題指摘・相談を頂く。児童・生徒の学ぶ権利を奪うような行為は許されない。
すべての教員が悪いわけではないのに、残念でならない。一部の教員が問題を繰り返す「組織のあり方」こそ変えなければならない。もちろん教員に適切な仕事をしてもらうのは当然であるが、問題のあった教員を指導して変えるより、その教員の問題をフォローする体制の整備が大切だと思う。つまり、校長や教育委員会、首長が機能しているかどうかが問題である。
懲戒免職を求める気持ちもわかるが、様々な教員がいることを前提に、マネジメントする必要もある。解雇すればよい、となるとキリがない。むしろ、適材適所の配置こそ「教育的」ではないだろうか。
教員を辞め市議会議員になった今、一学校ではなく組織・制度のあり方を変えるのが、私の役割であると認識している。「一議員には無理」という声もあるが、やる前から放棄するようなことはしたくない。
幸い、様々な方面から情報提供頂き、教育委員会とも対話を続けられている。児童生徒の声、保護者の声、地域の声を、しっかりと教育行政に反映できるようにしたい。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)