フィンランドのいじめ防止プログラム「KiVa」

Pocket

フィンランドのいじめ防止プログラムに注目しています。
プログラム開発者であるChristina Salmivali教授のインタビューを紹介致します。

2012年11月16日(金曜日)読売17面 No.1693
教育ルネサンス いじめと向き合う 17
統一プログラムで効果
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/renai/20121116-OYT8T00543.htm

フィンランド・トゥルク大学 クリスティナ・サルミバリ教授に聞く

学力の高さとともに、いじめ対策先進国としても知られるフィンランド。2009年から統一的ないじめ防止プログラム「KiVaキバ」が小中学校で導入され、効果を上げている。

プログラムの開発者で、10月上旬に鳴門教育大学の招きで来日したトゥルク大学のクリスティナ・サルミバリ教授(45)に話を聞いた。

――フィンランドではいつ頃からいじめが問題になったのか。

「私自身は約25年前からいじめのメカニズムなどを研究してきた。1990年代初めに、いじめに関する悲惨な事件や自殺などが相次ぎ、メディアが大きく取り上げたこともあって社会の注目を集めるようになった」

――政府はどんな対策を。

「99年に学校の安全確保に関する法が制定され、03年の法改正で各学校にいじめ対策の行動計画策定が義務づけられた。だが、学校ごとにプログラムを作ると時間がかかり、効果があるかどうかもわからないので、06年に政府の依頼を受けてKiVaの開発を始めた。09年から全国の小中学校で導入が始まり、現在、9割の学校で採用されている」

――効果はどうか。

「導入してから9か月後のいじめ被害の報告件数は、導入していない学校に比べて2割前後低かった。生徒の不安感、抑うつ傾向も低く、逆に学校への愛着や学業意欲は高かった。以前は『うちの学校にはいじめはない』と話す校長が多かったのが、『いじめはある。こういう対応をとっている』と報告するようになるなど、意識の改革もあった」

――日本のいじめ対策の現状をどう見ているか。

「私たちがいじめ研究を始めた当時、参考文献は北欧以外では日本くらいしかなく、早くからいじめに取り組んでいる印象がある。ピア・サポート(仲間による支え)など良いプログラムもあると聞いているが、誰でも利用できる統一的なプログラムもあるといいと思う」(聞き手・木村達矢、写真も)

Christina Salmivalli 1998年、トゥルク大学で博士号。2004年から同大教授。いじめとその予防策について研究を続けている。専門は心理学。

KiVa いじめについて学ぶ授業「KiVaレッスン」と、コンピューターゲーム形式の「KiVaゲーム」がある。日本の小1、小4、中1に当たる学年向けに3種類ある。

「レッスン」は、90分の授業を月1回、年10回行うのが基本。仲間意識からくる心理的圧力や尊敬の念などの感情について学び、いじめ防止に各自がどう行動すればいいかを考える。合間に行う「ゲーム」では、いじめ発生時の対処法、特に「傍観者」にならない方法を、楽しみながら練習する。

(2012年11月23日 読売新聞)
Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)