千葉の豊かな自然で子どもを伸びやかに育てる環境を整備を目指して

Pocket

昨日、「幹を強くする千の葉の会」主催の「自然保育を推進・支援するための政策勉強会」に参加しました。

先月、見学させていただいた野田市にある「はじめのいっぽこども園」さんのお話をお聞きしました。

豊かな自然環境を活かした里山保育「はじめのいっぽこども園」ー地域が育てる、地域が育つ幼児教育の可能性

熊谷俊人千葉県知事の県政ビジョン(政策)に「森のようちえん(自然保育)の認証制度を定め、支援する」とありますが、市町村として何をすべきか?、県には具体的に何を望むか?

実際に直面した課題や既存の幼稚園・保育園が自然保育を始める場合に必要な支援制度などお聞きしながら、政策について話し合いました。
里山や自然保育に適した場所は調整区域である場合も多く、都市計画上の難しさもあります。
空き家活用についても、なかなかマッチングが難しい現状もあります。
国や県の制度や支援策を提供できる体制づくりなども必要です。
許認可や補助金を受けることと園の理念や方針を貫くことなども、保育関係者の参加者とも話し合いがありました。
何より、「はじめのいっぽこども園」さんの教育理念を聴き、参加者一同心動かされたことと思います。
「こどもの時間と空間をこどもに返していくこと」という先生のお言葉が印象に残っています。
野田市では、未来を担う子どもたちに多くの生き物がいる自然環境を残したいと考えて進めている生物多様性の保全・回復の取り組みが後世に引き継がれるよう、生物多様性のシンボルとしてコウノトリの舞う里を目指しています。
コウノトリに象徴される野田市の環境政策が、縦割りでなく、教育・保育にも繋がっていることも知ることができました。
「幹を強くする千の葉の会」は、熊谷俊人千葉県知事と市町村議員とのネットワークを新たに作ることで、多様な地域性から成り立っている千葉県の特徴を活かし、更に伸ばしていくことを目指す会です。

緊急事態宣言下、みんなで一緒に現地視察することは難しいですが、こうしてオンラインで学び会える機会は有り難いです。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)