アイデアを思いつくだけではなく

Pocket

ネクスファにて、毎月、ストーリーテリングのプログラムを行っています。 image

自分の考えを人前で発表すること、人の考えを聴くこと、仲間と対話すること、自分を振り返ること、自分を築き上げていくこと。
ますます多様になっていく社会で、他者と合意形成したり、協働していくために必要なことを学ぶことができればと考えています。

今日のテーマは、これからのネクスファのプログラムを提案すること。
決められた時間の中で、四人グループで話し合い、発表してもらいました。image

話し合いの内容が、このプログラムの中だけの話ではなく、これからのネクスファのプログラムに反映されていくものです。民主的な運営を学ぶ場でもあります。

プログラム案を考えるだけでなく、自分の考えを他のメンバーと話し合い、どのように発表すれば効果的か考えることも、今回の狙いでした。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)