柏の可能性‐グリーンシティというスタイル

Pocket

柏は都内まで、電車で30分圏内に位置する一方で、手賀沼や利根川をはじめとする豊かな自然環境を楽しむことができます。
柏駅前には個性的な飲食店が集まり、農業も盛んです。アメリカで住みたい街No1のポートランドのような魅力が、柏にはあります。

こだわりのコーヒー店Coava(ポートランド)
こだわりのコーヒー店Coava(ポートランド)

一地方都市にすぎない柏ですが、都内の都市には真似できない強みを引き出していきます。
地産地消のレストラン、ファーマーズ・マーケット、パン屋、おいしいワインやお酒、こだわりのカフェ、信頼できる食料品のあるスーパーやお店、大量生産よりもハンドメイド、競争よりも共生など、環境への意識が高いまちが、人を惹き付けます。

11406956_1138279369521466_180471289787294964_n
柏三小近くのパン屋さん ハレビノ

農家レストラン、柏の強みを活かした「食育」事業、体験農園、高齢者の経験や農村の暮らしを伝える場にもなる農家民泊を議会から提案してきました。オリンピック前に、エコツーリズムの観光政策も打ち出すべきです。
IMG_9981

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)