ドローンで遊びながら、生きる力を育む

Pocket

今月4月、神戸の社会福祉法人プロップ•ステーションにて、竹中ナミさん(ナミねぇ)とお会いすることができました。

障がい者からチャレンジドへ

約30年前からICTを駆使してChallenged(障がいを持つ人の可能性に着目した米語)の自立と社会参画を支援されています。

今後は、ドローンに着目されています。

時代の先を読み、Challengedの活躍の場を切り拓かれてきました。

そのお話をお聞きし、子どもたちと一緒にドローンを始めました。

今朝は友人の樋口さんにドローンに触らせてもらえました。次回の検定試験も受験します。

小学生にとって、刺激的な学びです。

ナミねえさんから、ドローンで素晴らしい映像を撮影するChallenged のお話をお聞きしました。

ドローンを足で操縦していること。

しかも、まだ高校に入学したばかり。

これから高校の仲間を集め、ドローン撮影するそうです。

息子も、ドローンで仕事し、新しいドローンやカメラを買ったりしたいと意欲的です。

どんどん挑戦してほしいです。

そして、樋口さんのようなプロからお話をお聞きできるだけでも、ありがたいことだと感謝しています。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)