柏市内の清掃施設を見学

Pocket

今日は、柏中央地域ふるさと協議会にて、柏市内の清掃工場を視察しました。
私たちの生活に密接に関わる行政サービスです。

回収されたペットボトル。 柏リサイクルリボン館にて。
回収されたペットボトル。
柏リサイクルリボン館にて。

リサイクルリボン館、クリーンセンターしらさぎ、さわやかプラザ軽井沢、南部清掃工場を見学。

クリーンセンターしらさぎでは、柏市(旧•沼南地域)と鎌ケ谷市の可燃ゴミが処理されています。img_4727
余熱利用のさわやかプラザ軽井沢で昼食を頂き、プールや浴場などの事業もご案内頂きました。img_4719
柏中央地域のゴミが燃やされる工場ではないため、これまで見学してきませんでしたが、柏市のゴミ行政を考えるきっかけになればと計画しました。

リサイクルリボン館では、ペットボトルや空き缶、空き瓶、段ボール、古紙、衣類などの選別を見学し、ご説明を頂き、どのように捨てればよいかが分かりました。img_4696img_4703

昨年は、柏プラネットと松戸市のパースヴィジョンを視察し、不燃ごみのリサイクルについて学びました。

木曜日に見学。水曜日に回収だったので満杯です。
木曜日に見学。水曜日に回収だったので満杯です。

image

柏市で年間約9万トンの可燃ごみが出て、約1万トンの焼却灰が生まれます。
いかに、この可燃ごみを減らすかが課題です。私たちのごみを減らす努力とリサイクルを促進することの2点がポイントです。

空き缶の中にタバコの吸殻、洗われておらず中身が残っている瓶。 リサイクルできません。
空き缶の中にタバコの吸殻、洗われておらず中身が残っている瓶。
リサイクルできません。

その他、枝葉の回収やごみステーションなど、地域の課題についても、市の担当者と質疑応答することもできました。img_4731

ごみステーションの設置•管理など町会に任せられ、資源ゴミの報奨金は町会に交付されています。

町会としても考えなければならない課題もあり、貴重な機会となりました。

私は柏中央地域ふるさと協議会の環境部長を任せて頂いており、今回の視察を計画しました。img_4729
雪の中でしたが、無事に開催でき、ホッとしています。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)