CSA(Community Supported Agriculture)-農×コミュニティのこれから

Pocket

2013年10月3日、わが家のやおやさん 風の色”さんの畑で、柏まちなかカレッジ「CSA(Community Supported Agriculture)-農×コミュニティのこれから」を開催しました。講師に西山未真さん(千葉大大学院講師)、風の色の今村直美さん・細渕有里さん、五十嵐泰正さん(筑波大大学院准教授)。他にも参加者皆様のご意見が勉強になりました。畑作業も体験し、教室だけではできない学びがあったと思います。IMG_4960
CSAとは、「地域が支える農業、農業が支える地域」というものです。
大きな特徴は、2つ。作物の年間契約を結び、前払いすることで経営を安定させること。消費者も畑の経営に関わっていくこと。
援農や産地直送などの取組みとは違い、生産者-消費者という区切りがありません。CSAは、ファーマーズマーケット、コミュニティガーデン、学校給食地産地消プログラムなどのローカルフード運動の一環で、公正かつ持続可能な社会を目指した取り組みです。CSAは、北海道長沼のメノビレッジや神奈川県大和市のなないろばたけ農場が有名です。この我孫子(新木)の風の色も、地域コミュニティに根差した、本来の意味でのCSAとして注目されています(西山未真・千葉大大学院講師)。
この畑を運営する風の色の今村さんは、「開かれた畑にしたい」、「みんなに愛される畑にしたい」と語っておられました。農家だではなく、地域みんなで作り上げるところが核心だと感じます。
教育においては、コミュニティスクールが、学校任せだけではなく、親・児童生徒・地域も運営に参加し、地域コミュニティの核となっています。共通するところがあると話し合いました。
IMG_4965

畑から宅配する野菜とともに、その野菜を使ったレシピも添えられています。そのレシピは、野菜の食べ方を研究しているVege Labo (ベジラボ/大瀬由生子さん、川浦智子さん、木村麻里さん、和田真由美さん、窪谷美幸さん)のご協力です。今村さんと細渕さんは、宅配数を増やせば経営は安定するかもしれないが、しっかりとコミュニケーションができる数を維持したいとお話されていました。家族構成や食の好みなど、把握して宅配されているとのことです。
新規就農者への行政のサポートなど、まだまだ課題が多いのが現状です。
それでも、今村さんたちのような取り組みが、これから注目され、広まっていくのではないかと、現代社会の中で希望を見出した1日でした。IMG_4953

わが家のやおやさん風の色 のHP
http://dogkorodayo.blog44.fc2.com/

今村さんのお人柄が素晴らしいことが、この畑に関わっているみなさんから伝わってきました。
ゆくゆくは、畑で学童保育にも取り組みたいという夢も聴かせて頂きました。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)