路地裏の魅力を引き出すまちづくりを

Pocket

柏駅前は、道路やインフラの整備が不十分です。
大規模な開発が難しいようであれば、歩行者天国や広場など歩いて楽しめるまちづくりを、とりあえず取り組むべきです。
道路インフラの未整備を逆手にとり、メルボルンのレーンウェイ(裏路地)のような路地裏の魅力を引き出す政策も有効と考えます。
3年前の記事ですが、今でも課題は解決されず、有効な方法と考えます。
 
Livable City(住みやすい都市)をつくるーオープンスペースを核にした都市の再編集

Livable City(住みやすい都市)をつくるーオープンスペースを核にした都市の再編集

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)