水道管の凍結対•破裂防止対策

Pocket

10年に一度の寒波。水道管の凍結や破裂が心配されます。
全国の水道事業体さまにおかれましては、様々な対策を講じていただき、ありがとうございます。

さて、水道管の凍結防止策についてご紹介させて頂きます。

まずは、水道管を直接外気にふれないようにすることです。

外にある蛇口を全体をタオルや布などで覆うことで、凍結防止対策となります。

濡れていないタオルを使いましょう。

屋内でも、蛇口から箸1本分ほどの太さの水を流し続けることで凍結対策になります。

水道料金が数百円程度かかってしまいますが、凍結し、破裂してしまった場合の修理料金と比べれば少額ですみます。

水道管が凍ってしまった場合に、熱湯をかけてはきけません。自然解凍を待ってください。水道管が破損する原因になります。

もし水道管が破裂してしまった場合は、水道水が漏れ続けるのを防ぐために止水栓を閉じてください。

千葉県防災からの情報提供です。

千葉県では、強い寒気の影響により24日から26日にかけて気温が大きく低下する予報となっています。

お出かけの際は十分な防寒対策と、滑りづらい靴の用意、車は冬タイヤを装着するなど、路面凍結による事故に十分注意するとともに、時間に余裕を持った行動を心がけましょう。

また、夜間は特に大きく気温が低下します。
水道管や給湯器具等の凍結に注意するとともに、凍結した場合の対応方法についても確認しておきましょう。

(参考)
千葉県企業局ホームページ
https://www.pref.chiba.lg.jp/suidou/souki/oshirase/touketsu-boushi.html
東京ガス(株)ホームページ
https://home.tokyo-gas.co.jp/gas/kiki/frozen.html
TEPCOホームテック(株)ホームページ
https://www.tepco-ht.co.jp/enekari/news/20230120.html

※参考 中国新聞からの情報をシェアいたします。
AIで水道管凍結や落雪予想|中国新聞デジタル
https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/250183

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)