松戸市長選、9人が立候補!「スタンプ式投票」も要チェックです。

Pocket

任期満了に伴う松戸市長選挙が2022年5月29日に告示されました。現職と新人の合わせて9人が立候補しました。千葉県内の市長選挙では過去最多とのこと。

松戸市長選挙に立候補された方です(届け出順)。
1 川井友則氏(46)無所属、新人、元県議会議員。
2 本郷谷健次氏(73)無所属、現職4期目。
3 大谷茂範氏(43)無所属、新人、元市議会議員。
4 原裕二氏(56)無所属、新人、立憲民主党の地域支部、共産党、れいわ新選組、社民党の地域支部支持、元市議会議員。
5 大橋博氏(65)無所属、新人、元市議会議員。
6 木村みね子氏(70)無所属、新人、元市議会議員。
7 石塚裕氏(42)無所属、新人、不動産会社社員。
8 山中啓之氏(43)無所属、新人、元市議会議員。
9 山本太郎氏(48)NHK党、新人、会社役員。
https://www.city.matsudo.chiba.jp/shisei/senkyo/matsudo_mayor/sityou_rikkouho.files/rikkoouho.pdf

立候補の意向を表明されていた山口卓氏(自営業)と小川学氏(自営業)は立候補されませんでした。

松戸市長選挙(2022年5月29日告示、6月5日投開票)について③

 

松戸市長選の投票日当日は、候補者名のリストが並ぶ投票用紙を配布されます。
記載台に「◯印」を付けられるスタンプが備え付けられ、有権者はリストにある候補者名の上にスタンプを押し、投票できる「スタンプ式投票」が注目されています。

この「スタンプ式投票」を経験してみたい!、と投票率が上がればいいですね。

○松戸市長選挙等における記号式投票に関する規程
https://www1.g-reiki.net/matsudo/reiki_honbun/g008RG00000035.html

松戸市長選挙 期日前投票について

候補者が多く、割れた場合は、法定得票に達する候補者がなく再選挙の可能性もあります。
首長選挙の場合の法定得票数は、「有効投票数の4分の1」となっています。ちなみに衆議院選挙の小選挙区は「有効投票数の6分の1」です。

なかなか起こるものではありませんが、2017年11月26日の市川市長選挙は、再選挙となりました。

松戸市の選挙人名簿登録者数は、5月28日時点で414,926です。
※参考 投票率が30%の場合
414,926×0.3(投票率30%の場合)×0.25(有効投票数の4分の1)=31,119.45

投票率30%の場合、一番多く得票した候補者が、31,120票に達しなければ、再選挙となります。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)