ざっくばらんに議会のことを話し合える場作り

Pocket

毎月最終木曜日に開催している柏まちづくり倶楽部。もう44回目になります。
今夜は、明日から始まる議会で、私が質問しようとしている内容について、みなさんからご意見をいただきました。

月末ですので、午後7時にそろうわけではなく、みなさんが集まってくるまでフリートークです。
「議会での話し合いは意味があるのか?」など、そもそもの疑問にお答えしたりしながら、進んでいきます。

年に4回開かれる議会の定例会のそれぞれの特徴や、来年度予算案の概要についてなど、ざっくばらんにお示ししました。

私一人の知識や考えには限りがありますので、こうしてお集まりいただきご意見いただけるのは有難いことです。
また、ここでいただいたアイデアやご意見を、議会で取り上げ、社会に反映され、参加している実感を得ていただくことは、民主主義な土台を築いていくことにつながるのではと期待しています。

まだまだ興味のある方々や身近な方々が中心ですが、もっと気軽に参加できるような場になるよう工夫していきたいです。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)