ベッペ•グリッロさんの初来日講演会

Pocket

【自分たちの社会を、自分たちで作っていくー直接民主制やベーシックインカム】
イタリアのベッペ•グリッロさんの初来日講演会が、参議院会館で開催されました。

テレビから追放されたコメディアンでたるベッペは、インターネットを駆使して、社会の意思決定を根本から変えるため、直接民主制やベーシックインカムの導入を始めました。

五つ星運動は、イタリアの新しくできた政党です。今、政権を取ったばかりで、ヨーロッパ中が注目しています。写真のベッペは、その政党を作った人です。

水資源、持続可能性のある交通、気候変動への対策、インターネット社会の五つを社会が守り抜くべき概念とし、活動されています。
市民が直接、法律や予算を決めることに参加できる直接民主制を、インターネット技術を使って、実現させようとしています。

来日初日、一緒に屋形船に乗り、意見交換させていただきました。

資金集めのアプリケーションを人が出会う仕組みとして使い、まちなかに対話が生んできました。

ただの集まりをいかに政治運動としていけるか?

ブログの記事を書き、詳しい人がコメント欄に書き込まれ、インターネット上で情報交換や対話が生まれました。
テーマを設定し、ネットで対話を呼びかけ、ノーベル賞授賞者も参加し、政策パンフレットを作り、それを当時の首相に提言したりしてきました。
※五つ星運動のオンラインプラットフォーム「ルソー」
http://natural-world.info/2018/07/10/rousseau/

柏まちなかカレッジと私の議員活動にとって、示唆に富んだお話でした。

ベーシックインカムや時間銀行、地域通貨。そして気候変動対策。
私たちが目指していることのヒントが示されました。

小さな街が存続する自律分散システムや草の根からの情報管理など、市議会議員として私も取り組んでいきます。

最後に、日本では、政治が身近でないという会場からの質問に対して、ベッペが語った言葉が印象的でした。

誰しもが、毎日、政治をしている。
買い物、水を使う、交通機関を使うなどは、常に政治的な選択をしている。
石油よりペットボトルの水の方が値段が高いことは、おかしくないか?
ファイナンスが経済をさし、エコノミーは政治のことをさすようになった。
いま、すべての人が幸せになれない仕組みとなってしまっている。

暴力ではなく、論理だけではなく、笑い・ユーモアで社会を変えていくことができるという姿勢から多くを学びました。
写真は、おみそ汁をお箸のストローで飲もうとしています。

革命は一般の人たちが起こしてきた。

今日のお話を聞くだけでなく、この社会を変えていけるよう行動を起こしていきます。

通訳者のアルティーナ・ディエゴ。講演では、素晴らしい通訳と対応でした。
日本語で詩集『元カノのキスの化け物』を出版しています。
日本語でサインをしてもらいました。
Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)