立ち直りを支える地域の力

Pocket

今日は一日、第67回社会を明るくする運動柏市大会のお手伝いでした。

「社会を明るくする運動」は、犯罪や非行をした人の立ち直りについてみんなで考え、犯罪や非行が起きない社会をつくろうと全国で行われている運動です。

犯罪を犯した方も、障がいや病気を抱えた方も、外国籍の方も、LGBTの方も、子どもも、女性も、高齢者も、誰もが居場所のある社会を築いていきます。

※鉄拳の“社会を明るくする運動”with法務省(第66回“社会を明るくする運動”ショートムービー)
https://youtu.be/sIEggA9c8fM

【コラム】“社会を明るくする運動” の誕生昭和 24 年 7 月 1 日に非行少年や犯罪者の立ち直りの支援と,犯罪の 予防を目的とした犯罪者予防更生法が施行されました。これによって更生 保護制度がスタートしましたが,戦後の荒廃した社会の中にあって,街に あふれた子供たちの将来を危惧していた東京・銀座の商店街の有志が,こ の法律の趣旨に共鳴し,同年 7 月 13 日から 1 週間にわたって「犯罪者 予防更生法実施記念フェアー(銀座フェアー)」を開催しました。この銀座フェアーは銀座を挙げての行事であり,軽音楽等の様々な催し が行われたほか,銀座の飲食店の従業員延べ 2,000 人が炎天下,保護少 年のために二葉のバッジを売り,その売上げを更生保護のために寄附しま した。この銀座フェアーが刺激となり,また,同フェアーと翌 25 年に開 催された「矯正保護キャンペーン」を通じて,犯罪の防止と罪を犯した人 たちの立ち直りには一般市民の理解と協力が不可欠であるとの認識が深まり,昭和 26 年,この活動を「社会を明るくする運動」と名付け,社会に 広めることとしました。これが,“社会を明るくする運動” の始まりです。 第 1 回の “社会を明るくする運動” では,中央行事として全国保護司大会等が開催され,矯正・更生保護に関する壁新聞,リーフレットの発行, ラジオ放送による広報活動などが行われました。また,地方行事としては, 矯正管区単位で収容少年の野球大会,学校・PTA に対する更生保護関係 者を講師とする巡回講演,“社会を明るくする運動” 強調運動記念の「市民 の集い」などが実施されました。
http://www.moj.go.jp/content/001221984.pdf

 

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)