国道16号線「日本」を創った道

Pocket

T-site 柏の葉にて、『国道16号線 「日本」を創った道』(新潮社)出版記念で著者の柳瀬博一さんのご講演をお聴きしました。
郊外都市とモータリゼーション、百貨店とショッピングモール、車社会、大学の立地など、柏市の都市像を考えるために、非常に重要なお話しでした。
旧石器時代から現代に至る柏の歴史とこれまでの都市についての性格が、わかりやすく説明されています。
今も16号線沿いの古墳の保全や野馬土手の保全、牧や馬の文化を伝えるため、柏市と議論しています。今日のご講演を生かしてまいります。
横須賀-横浜-八王子−川越−さいたま−春日部−野田−柏−白井−八千代−千葉−市原−袖ヶ浦−木更津−富津を走る国道16号線は台地エリア。
馬の文化と河•海に囲まれた文化を持つ。
貝塚、古墳も多い。平将門、そして関東武士団の形成、牧と軍都など。
ヤマトタケルは、すでに16号ルートを移動していました。
千葉県知事選にて、熊谷俊人候補は、「半島性の克服」や「海洋立県や馬の文化」についてのビジョンを掲げており、共通するものがありました。
https://www.kumagai-chiba.jp/vision/detail08/
柏まちなかカレッジの魁‼︎!歴史塾の川浦 智子さんにお誘い頂き、参加することになりました。

自分では参加しなかったかもしれませんが、貴重な機会を頂き、感謝しています。

昨夜の雨もあり、今日のアクアテラスは入ることができません。 水辺の景観としてだけでなく、本来の調整池として、周辺地域を支えています。
Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)