柏まちなかカレッジの10年を振り返って

Pocket

今週末に開催予定の柏まちなかカレッジ定時総会に向け、過去講座のリストや帳簿を整理中です。
※柏まちなかカレッジのホームページ https://kashiwamachinaka.jimdofree.com/

魁!!!歴史塾

10年間で、約400回の講座を企画。延べ約4000名が参加。
約180名を講師に迎え、100か所のお店などがまちなかの教室となりました。

moora moora さんにてフラワーアレンジメント

地域の仲間つくり、新しい教育の実践、自分の経験の発表の場として展開。その中から、地域を良くしていこうというプロジェクトが立ち上ったり、新たに起業する人も出た。講師をきっかけに、他からも仕事が入ってくるなど、柏の登竜門的な役割も果たしています。

ドアノブマニア

食を通して、市民の手で柏の未来を築く社会課題の解決への道筋も整えてきました。
※食のフューチャーセンター http://food-fck.blogspot.com/

柏駅前に「暮らしと文化の拠点」をとなる新しい図書館やミュージアム機能を備えた施設を柏市に提言もしました。
※かしわ知恵の森プロジェクト http://kashiwa-chienomori.hatenablog.com/

県立高校とも連携し、開かれた学校つくりなど、柏市の市民大学構想や他地域のモデルともなってきました。

東葛飾高校のリベラルアーツに発展

弁護士や会計士など職業的専門性を地域に活かすプロボノなど、NPO運営での最先端として注目を集めています。

会議のオンライン化や資料の電子化など、運営面での効率化も進んでいます。

荒木村重や黒田官兵衛について、みんなの尼崎大学と中継し、現地の研究者たちと意見交換。

まちに対話のシステムを根付かせようと、柏まちなかカレッジの活動をはじめて10年。

「夢みたいなことばかり言っても、世の中そんなに甘くない」等と忠告されながらも、私たちの取り組んできたことが、10年後には当たり前になっていました。
これからも、私たちは常に実験を続けていきます。

開講式

こうして続けてこられたのも、川浦さんはじめご参加いただいたり、先生を引き受けて下さったり、会場をお貸しいただいたり、話題にしていただいたり、何かしらで関わっていただいた皆様のおかげです。
これからも、何卒よろしくお願いいたします。
Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)