誰もがバスケできる環境を作っていきます!

Pocket

「くらちゃんカップ」で集められた寄附で、高田小学校にバスケットゴールが寄贈されました。

「くらちゃんカップ」は、真面目に働きながらバスケに励む大人が、気軽にバスケができる環境を作るためのチャリティ大会です。

これからも、誰もがバスケットができる環境を整えるため、私もお手伝いしていきます!

夕方には、バスケットリング設立記念式典として、子どもたちと「くらちゃんカップ」に参加している大人の選手も駆けつけて、子どもも大人も学校の先生も、一緒にバスケットを楽しみました。

世代を越えて人が集まり、競技の技術だけでなく、いろんな交流が生まれる街にしていきたいです。

伊藤誠さんのバスケットへの情熱が、多くの人を巻き込み、ここにバスケットリングが設立されました。
私も心動かされた一人です。

ここに至るまでに、ご協力ご支援いただきましたすべての人に感謝します!

柏市民新聞(2019/04/12)に取り上げていただきました。
Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)