言葉のプロフェッショナルを目指して–俳句を始める

Pocket

言葉で、人に伝える力を身に付けたい。
言葉で、仕事や人生を切り拓いていきたい。
言葉で、世界を変えていきたい。

日々、もがき苦しみながら、自分の考えや思いを発信しています。

昨年、初めて「連句」に参加し、その世界に魅了されました。なかなか時間を作ることができていませんが、長い目で取り組んでいくつもりです。

大学の先輩方にお誘い頂き、「俳句」も始めました。
お正月に、妻の祖母が読んでいた俳句の本を、意気込んで数冊お借りしましたが、まだ読めていません。

今日は、柏稲門会の先輩方との吟行に初めて参加しました。吟行とは、俳句のフィールドワークのような感じです。
麗澤大学を歩きました。

貴重な経験ができました。
同じ風景を見て、私が言葉にできなかったことを、誰かが詠みます。勉強になります。
参加者の方の感想をお聴きし、句を味わうことができます。自分の解釈と照らし合わせ、それぞれの感じ方が浮き彫りになります。

「それなりの咲き方ありや老桜」

私の句ではなく、多くの方が選んだ句です。
単なる表現技術ではなく、人生経験が句に深みを与えているように思います。

そんな大それた目標の前に、
家族に話し方がわかりにくいと言われるので、なんとか、理解してもらえるようまずは努力したいと思います。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)