市内の歴史を守る

Pocket

市内の旧家に眠っている古文書について、所有者の方からご相談をいただきました。そこで、柏市教育委員会の文化課さんに調査してもらうことになりました。
これまで議会からも、紛失してしまう可能性のある歴史資料を、後世に伝えられるよう提案してきました。
個人宅で資料を管理できない場合は、市が管理しています。資料は地域の歴史という公の性格を持つものなので、博物館や大学など公共的な機関が管理し、公表できるものは公表していきます。10471085_993913927291345_4711392076971456418_o 柏市は、千葉県内でも随一の資料を保管しており、その点では誇るべき自治体です。柏市には、歴史がないと言う人もいますが、そんなことはありません。
管理している資料整理を進めていくことが課題です。柏市では、歴史を学ぶ市民の方々と共に、古文書の整理に取り組んできた点も、評価されています。10734006_993913533958051_5429265778900225376_n

 

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)