柏の多様な音楽シーン

Pocket

柏の音楽と言えば、一般的には、ストリートミュージシャンだったり、吹奏楽が有名かもしれませんが、多様な音楽が繰り広げられていると実感する、ここ数日です。

コーマル城でシャンソンをお聴きしたり、ネフェルティティ(Nefertiti)で元小学校教諭のマスターから、教え子との心温まるお話をお聴きしたり、お花見で柏のミュージシャンの方々とお話したり、カフェラインで音楽の街について話し合ったりした3日間でした。

柏駅前には、多数のライブハウスがあり、様々な音楽教室があり、ライブ演奏を楽しめるバーなどもあります。
流し、ミュージックサン、トネリバージャムなど、音楽イベントも開催されます。

そんな中で、「柏には様々な音楽ジャンルのプレイヤー・団体が活動する反面、 ジャンルごとにプレイヤー・ファンのコミュニティが形成されており、なかなか相互接点がない」という指摘があり、エリア全体で考えていこうという呼びかけが有金淳さんからあり、話し合いに参加させてもらいました。

この課題について、有金さんは、ラージアンサンブル(Large ensemble)に注目し、仕掛けていこうとご提案されました。

ラージアンサンブルとは、NY等で話題になっている、大編成グループの演奏・音楽解釈法とのことです。ジャンルや楽器編成にこだわらない新しい音楽表現が期待できます。
市民の音楽を軸とした、情報・話題の共有=一体感に繋がるコンテンツができる可能性があります。

第四次柏市芸術文化振興計画に“「音楽の街かしわ」の創出”とありますが、計画だけに終わらないムーブメントを起こしていけるよう、私も山下洋輔という名前に負けぬよう頑張りたいです。

ネフェルティティ(Nefertiti)

ネフェルティティ(Nefertiti)に初訪問。
柏のニッカウヰスキー工場の近くにあるレトロな雰囲気のジャズカフェ&バーです。
元小学校教諭のマスター(栗田勝利さん)から、教え子との心温まるお話をお聴きできました。
子どもの居場所や地域と教育について、意見交換させていただきました。
また、遊びにきたいです。
お花見にお邪魔いたしました。柏のミュージシャンの方々ともお話できました。
先日の個人書庫をお持ちの方に連れて行っていただき、初のコーマル城訪問です。
コーマル城でシャンソンの演奏をお聴きしました。
コーマル城(シャトー・ド・コーマル)の一部屋

【千葉県柏市】こんな場所にお城!?しかもカフェ!?シャトー ド コーマル

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)