地元、ローカル、仲間とスケートボード

Pocket

東京オリンピックでのスケートボードを観て、スケートボードは盛り上がっています。

オリンピックから、スケーターが増えることは予想されており、スケートボードパークなど競技環境整備を提案し、粘り強く活動してきました。

そして、少しずつですが、柏市でも動きが出てきています。

今、2020年秋に発行された『Sb Skateboard Journal ISSUE #36』を読み返しています。

この号のヘッドライナーは、柏のBATSU SKATEBOARD SHOP オーナーの Composite Mag Yoshiaki  Endoよっくんということもあり、初めて手に取りました。

「コロナ禍になって一人ですることが何かないかなって思って、スケボー始めました。きっかけはコロナです」

いつかプロスケーターがインタビューで答える人が出てきそうという話も紹介されています。

この雑誌を読み、スケートボードショップに集まる方々のお話をお聞きし、スケートボードの文化に触れるようになりました。

「ローカル」、「地元」、「ホームタウン」、「仲間」、「リスペクト」

そんな言葉が繰り返されます。

スケートボードパークを作ろうと、一緒に活動する中で、強く感じることは、「自分たちで、自分たちの場所を開拓していこう」という姿勢です。

議員として、いろんな団体からのご要望をお聞きしますが、スケーターの方々は、行政に作ってもらうことばかり要望するのではなく、空いている場を活用できないか提案したり、公園など既存の施設での使用を認めてもらえるよう交渉したり、グレーゾーンでやってみたり、創意工夫されています。

そして、たとえパークができたとしても、パークが使えるのが当たり前ではなく、「誰かが長年積み重ねて勝ち取った場所」としてリスペクトするという文化を持つようです。

人や場所への敬意、地元愛、世代を越えた交流。

今の時代に大切なことが、スケートボード文化にはつまっていると感じます。

ストリートカルチャーを柏のまちで花開かせたいです。

私は、小さい頃から、スケートボードを真似して、自分でスケートボードを作ったり、台車な乗ったりしてはみましたが、柏にBATSU SKATEBOARD SHOP がオープンして初めて、スケートボードに関わるようになりました。実際に練習はできていませんが•••

まだまだ、いろんな課題はあるかと思いますが、粘り強く、働きかけてまいります。

まちは劇場ーストリートカルチャーと文化行政

柏にスケボーパークを!ー台湾報告⑦

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)