「公(みんな)」がお金を出し合って「共(とも)」に幸せになる公共事業

Pocket

(社)305 Basketballで、バスケットリングをまちなかに建てようという活動をしながら、ふと『クニミツの政』を思い出した。少年マガジンに2001年から2005年まで連載されていた安童夕馬原作、朝基まさし漫画の作品だ。

その中で、主人公のクニミツが空き地を整備してテニスコートを作る話があった。

印刷会社に勤める望月くんは、インターハイ準優勝の実績があり、みんなの憧れの存在だった。高校時代、テニスコートが道路になってしまうと反対運動をしたため、母親が理不尽に解雇され、家庭の事情で高校中退。部活動をやめた望月くんがテニスを続けることはできなかった。

ヤケになって、腐っていた望月くんに、クニミツは言った。
「不満があるなら自分でなんとかしろ」、と。
クニミツは、空き地に一人でローラーを引き、地引き網をネットにし、テニスコートとし、隣接する工場で働く人たちを会員に募り、土地の持ち主にも場所代を支払い、望月くんにコーチをお願いしたのだった。
その後、望月くんはアマチュアとしてテニスを再開し、世界的な大会で優勝することになる。

公共事業とは、「公(みんな)」がお金を出し合って「共(とも)」に幸せになるための事業だと、主人公であるクニミツが秘書として仕え、市長選挙に出馬する坂上竜馬は説明した。
その話を聞いて、クニミツは公共事業としてテニスコートを作ったのだった。

公共工事というと、大規模なものや行政による工事をイメージしてしまう。しかし、一部の人のためではなく、社会や地域のためになる事業が公共事業であり、人を豊かにし、幸せにするのだと心を動かされたことを思い出した。

会費の高いテニスクラブではなく、まちなかに中高年の方も、子どもも、うまくてもうまくなくても楽しむことができるテニスコートがあり、部活動を辞めてしまってもテニスを続けられる。

私たち305 Basketballでも、そんな誰もがバスケットを続けられる環境を創っていきたい。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)