地域の記憶を未来につなぐために、いま出来ること-戦後の郊外に注目した柏の歴史

Pocket

地域資料に関する交流型講演会「地域の記憶を未来につなぐために、いま出来ること」に参加。
柏市図書館の主催で、アーカイブの専門家である福島幸宏(東京大学大学院特任准教授)を講師にお招きし、地域資料の重要性や収集保存活用方法等、急速に失われつつある地域資料を収集・整理・保存し提供していくことの大切さについて、についてお話をお聞きしました。

戦後の日本の高度成長と柏に関わる歴史に注目し、地域資料の収集・編集・活用について、議会で提案してきました。

柏市は、戦後、急激に発展した自治体です。昭和25年に約5万995人(1950/10/1時点。旧柏市と旧沼南町の合計)だった人口が、現在では42万0435人(2017年8月1日現在)です。約8倍になりました。
※ちなみに日本全体では、約8400万人から約1億2700万人に増加したことをふまえると、柏市の人口増加の激しさが想像できるのではないでしょうか。

柏市に移り住んでこられた方の多くは、都内で働き、日本の戦後の経済成長を支えた先輩方です。

戦後の高度経済成長期や郊外都市としての歴史を柏市の軸にして、戦後の日本を支えてこられた大先輩方のお話を、柏市の資源として積極的に収集し、オーラル・ヒストリーのまちづくりを進めていくことを提案しています。

郊外の都市の成立過程としても、価値のあるもです。
歴史として認知されずにきたため、資料や話が失われてしまう危機にあります。
今こそ、取り組むべき事業です。

戦後の日本の高度成長と柏に関わる歴史に注目し、地域資料の収集・編集・活用について、議会で提案してきました。

柏市は、戦後、急激に発展した自治体です。昭和25年に約5万995人(1950/10/1時点。旧柏市と旧沼南町の合計)だった人口が、現在では42万0435人(2017年8月1日現在)です。約8倍になりました。
※ちなみに日本全体では、約8400万人から約1億2700万人に増加したことをふまえると、柏市の人口増加の激しさが想像できるのではないでしょうか。

柏市に移り住んでこられた方の多くは、都内で働き、日本の戦後の経済成長を支えた先輩方です。

戦後の高度経済成長期や郊外都市としての歴史を柏市の軸にして、戦後の日本を支えてこられた大先輩方のお話を、柏市の資源として積極的に収集し、オーラル・ヒストリーのまちづくりを進めていくことを提案しています。

郊外の都市の成立過程としても、価値のあるもです。
歴史として認知されずにきたため、資料や話が失われてしまう危機にあります。
今こそ、取り組むべき事業です。

私自身、大学で歴史を研究し、民衆史という考えに触れ、政治家や戦国大名だけでなく、その時代に生きた市井の人々が何を考え、どのように暮らしていたかに興味を持ちました。
「自分史」の研究から、後藤春彦著『まちづくりオーラル・ヒストリー―「役に立つ過去」を活かし、「懐かしい未来」を描く』を読み、歴史とまちづくりがつながり、人生が変わるほどの衝撃だったことを覚えています。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)