「教育のまち」構想を執筆します!

Pocket

経済格差は広がり、政治ではポピュリズムがはびこり、環境問題はまったなし。社会に寛容さは失われていくように感じられ、民主主義がこの先どうなるか、心配です。

教育改革への期待の一方で、新自由主義への不安は拭えません。公教育が岐路に立たされています。

こんな時だからこそ、私の「教育のまち」構想の本を執筆したいと決意しました。

あえて、公教育にこだわり、誰もが通う公立の小中学校を中心に、幼稚園•保育園、さらに若者や働き盛りの大人、シニアが学び続けられ、それが未来の社会のためになるような社会教育と、その拠点となる図書館や公民館についての考えを提示していくつもりです。

私ごときが、大きな構想をお示しするのは僭越ですが、できるだけ早くに誰かがなんとかしなければという気持ちが、私を突き動かしています。
また、これまで教員、教育学研究、政治、地方議員としての活動、地域での教育活動、学習塾や成人教育など教育事業に取り組んできた視点から、何か発信できればと思います。

出版社も決まっていませんし、具体的な企画は、これからになります。
みなさんのお力をお借りすることになると思いますが、その時は何卒よろしくお願い申し上げます。

もともとは、柏まちなかカレッジについても、第2作目を出版する予定でした。
取り掛かる順番を変え、できれば両方とも実現させていきたいと思います。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)