立ち直りを支える地域のチカラ

Pocket

昨日、今日と保護司の研修。

昨日は柏地区で「良好措置」について、今日は千葉保護観察所で「生活環境調整」、「保護観察」、「保護司会活動」、「先輩保護司の体験談」について研修しました。

7月は「社会を明るくする運動」強調月間で、再犯防止啓発に取り組まれます。

「社会を明るくする運動」は、犯罪や非行をした人の立ち直りについてみんなで考え、犯罪や非行が起きない社会をつくろうと全国で行われている運動です。
柏では7月8日にアミュゼにて大会が開かれます。

柏地区の研修終了後、広報部会で過去の広報誌を整理しました。
半年ごとに発行しているもので何気なく読んでいますが、バックナンバー全号をまとめることで、貴重な資料となります。

保護司会だけでなく、地域の団体のこういった情報を収集し、整理し、保存し、編集し、活用できるようにすることは大きな意義があります。

図書館や文書館の役割として取り組むべきと考えます。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)