教育現場の民間魂

Pocket

「民間クン」と生徒から呼ばれている先生と語り合いました。
バンドマンだった先生は、授業中に生徒が眠い顔をしていると敏感に反応します。
いい演奏ができなかったら明日の仕事はない、
そんな生活を続けていたからだそうです。
だから、一回、一回の授業を真剣です。
一方で、教員の目標設定についても触れていました。
教員は各自で目標設定し、達成度を査定の参考にされるとのこと。
これは、富士通で行われ、あまりうまくいかなかった実践だそうです。
見せかけだけの評価はやめてもらいたいと思いました。
民間の意識を持ってもらいたい部分、
子どもを育てるという長期的な観点から考える部分、
よく現場の声に耳を傾けていかなければいけないと痛感しました。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)