苫野一徳さんの新刊『子どもの頃から哲学者』

Pocket

尊敬する友人、苫野一徳さんの新刊『子どもの頃から哲学者 世界一おもしろい、哲学を使った「絶望からの脱出」』(大和書房)を手にしました。

めちゃくちゃ面白いです。心踊り、一徳さんの語っている表情が目に浮かびます。
愛にあふれる一冊です。

一徳さんと出会った大学院修士課程の頃や博士課程に進学した頃に語り合った日々のことを思い出し、笑いと涙がこぼれます。

自分の長くもない人生を振り返ると、修士課程の時代は、苦しい時期でした。そんな時期を共に過ごした仲間が、その頃に話していた内容を文章にしていることが、ただただ嬉しいです。

私は、今でもその当時語り合っていた「異世代異文化教育環境」を作ろうと活動しています。

私が高校の教員を辞めて独立し、その後、教育学を研究し、教育コンサルタントを開業し、柏まちなかカレッジを立ち上げ、市議会議員選挙に立候補し、家庭を築き、今でも生き残っていられることが、本当に有難いことだと、これまでを振り返える機会にもなりました。

一徳さんと立場は違うけれど、私も「多様で異質な世界の人たちが相互承認」できる社会となるよう頑張ってまいります。image

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)