障害者差別解消法についての学校の準備

Pocket

4月1日から施行される障害者差別解消法に向けて、障害者差別相談の窓口を設置したり、合理的配慮協力員を設置したりする自治体があります。

また、ユニバーサルデザインの授業づくりやケース会議の充実、移行支援・個別の教育支援計画の充実などに取り組まれている例も見られます。

新入生の保護者や関心のある保護者から、相談や質問が寄せられることが予想されます。全職員が適切に対応できることが学校の信頼につながると考えられます。
柏市では、どのような準備がなされているか質問しました。

教育委員会としては、これまで取り組んでこられた部分も多く、研修や体制が整っているとのことです。
ただ、教育長からは、多様な人たちが集う共生社会に生きる姿勢のようなものはお示しいただきましたが、これを機に具体的に何かを取り組むという内容の答弁ではありませんでした。
引き続き、注視していきたいテーマです。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)