柏こどもまちづくり会議 #2

Pocket

30年後の柏のまちづくりを、こどもたちが話し合い、模型を作って発表しました。
※柏こどもまちづくり会議 について
https://www.kashiwakodomomatidukuri.com/

こどもまちづくり会議は、自分達の住むまちに対して興味や関心を持ってもらうきっかけづくりを行う活動です。

建築を学ぶ大学生たちと柏に住む小中学生のこどもたちが話し合い「自分たちの街の未来を自分たちで作ってみよう」をテーマに30年後の街の姿を1つの模型として形にしていきます。

もともとは神奈川県藤沢市をフィールドに、大学生団体による活動を、地元の柏市でも行いたいと始まりました。

9月には柏の葉T-SITEのVIVITAにて開催し、10月には柏市役所のロビーに展示させて頂きました。
※9月に開催した柏こどもまちづくり会議のレポートです。

柏こどもまちづくり会議

今回は、柏駅前周辺の状況や都市計画を知り、実際に歩き、話し合いました。柏駅西口北地区再開発計画についても説明がありました。


柏1丁目の再開発計画の話も説明されました。

野牧(幕府の馬の放牧場)だった名残である野間土手も、地図を観て、歩くと実感します。

ウラカシ百年会からテントをお借りし、iii3からテーブルをお借りしました。VIVITAからも多大なるバックアップしていただき、開催することができました。

「こども哲学」と通じるものを感じます。

これまで「子どもっぽい」、「幼稚だ」お片付けられてきたアイデアの中には、社会にとって重要な問いがふくまれているはずです。

しがらみのない、常識にとらわれない、そして50年後も社会の一員としていきているであろう子どもたちと共に、まちづくりを考えていく場が生まれていくことは、素晴らしいことだと思います。

こどもによる対話が地域や社会を作っていく。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)