分かち合う読書

Pocket

5月14日、ハックルベリーブックスの文学茶話会に参加しました。

テーマは、「アーノルド•ローベルの世界」でした。

「私たち夫婦は、まるで、がまくんとかえるくんのようだ」と、子どものためと買ったローベルさんの本を夫婦で楽しく読んでいます。

茶話会に参加された方々とも、ローベルの魅力を語り合うことができました。
一人で読むだけでなく、分かち合う読書も大切ですね。

かえるにまつわるブックトークもありました。
私は『かえるのごほうび』という鳥獣戯画を子ども向けに編集した絵本を紹介しました。

かえる好きの皆様の、かえるの魅力を語るお話に圧倒されてしまいました。

かえるの卵風のタピオカと抹茶ミルクに竜舌蘭シロップを加えた「かえるドリンク」を頂きました。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)