子どもと読む日本の昔話

Pocket

『子どもとよむ日本の昔ばなし』を購入。

教育の研究をきてきましたが、我が子に対しては、特殊な英才教育はしておらず、読み聞かせに力を入れています。
生の声は人と人とを結びつける力があります。
親として、自分の声で、子どもに昔ばなしを読み聞かせています。

昔ばなし研究所の取り組みを知りました。
昔ばなしは、子どもの健やかな成長と伝統・文化を継承するという教育の役割そのものだと思います。

ますますグローバル化は進み、子どもたちは英語を身につけていくことになります。

そんな時代だからこそ、母国語やそれにまつわる文化を、意識的に身につけられるかが課題になってくると考えます。

息子と、昔ばなしを学んでいこうと思います。
※昔ばなし研究所 ozawa-folktale.com

昔ばなし研究所の所長はドイツ文学者の小澤俊夫さんです。私の高校時代に流行したミュージシャンの小澤健二さんのお父様で

ご紹介いただきました、石塚さん、ありがとうございます!

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)