地域を創る教育-自然と暮らしの中で学ぶ

Pocket

銀座NAGANOで開かれた「やすおか村のオスソワケ 第1部~かにさん×まゆさん の教育対談~」をお聞きしてきました。image

梶さちこさんは、長野県泰阜(やすおか)村を拠点に行われている、全国からこどもが集まる山村留学「暮らしの学校だいだらぼっち」の会長です。
中澤眞弓さんは、軽井沢で「森のようちえん ぴっぴ」を主宰されています。

「今、こどもたちに必要な教育とは何か?」「信州の里山はこどもの何を育てるのか?」についての教育対談でした。

「だいだらぼっち」と「森のようちえんぴっぴ」でも、時間に制限なく、ひたすら自分のやりたいことに没頭し、やり遂げられる満足感が得られるとのこいうお話が興味深かったです。image

私自身の子育てのことももちろん、地域社会全体で教育を支え、そして教育が地域を活性化させていく様子をお聴きできる、参考になりました。

泰阜村では、若者の家族づくりから教育と一貫した支援の仕組みが提供されています。
国道も、信号も、コンビニもない人口1,716人の村とのことですが、だいだらぼっちの卒業生たちが移住者として戻ってくるとのことです。
だいだらぼっちが実践してこられた30年の年月のすごさを感じることができました。imageimage

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)