日本の伝統工芸品、矢羽根の鍬とバール

Pocket

東パル商店街にある矢羽根さんにて、上原政隆さん。

昨年12月、矢羽根製作所の鍬とバールが、経済産業省の日本の伝統工芸品に選ばれました。

鍛治職人として、一生モノの品を作り上げられます。

小学校の時の国語の教科書を思い出します。
はっきりと記憶していませんが、こんな話でした。
刀鍛冶の名匠のもとで厳しい修行を完成させる直前に、出奔。十数年後、素晴らしい鍬を作る職人がいるとの噂を聞く。名匠は、その鍬を見て、かつて出奔した弟子の作品だと確信する。

矢羽根の鍬やバールは、この物語のように、一般市民のために役立つ製品です。
本来の民芸の精神を感じます。

絵も描かかれる上原さん。
親子ともども、お世話になっています。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)