地域の経済

Pocket

私が住んでいるのは、古着屋などが密集し、かつてはウラカシと呼ばれて人が集まった地域だった。今では、その震源地のような存在だったフリークスも移転。人通りも少なくなった。

危機感を覚えた個人店の経営者たちが集まって、連帯していこうと話し合い始めた。

昨日は三回目。左京ワンダーランドというスタンプラリーのアイデアを話し合い、検討。中野でもあったという経験談も。
10904428_1051846271498110_5645436779199915480_o 景気が悪いと、ぼやきや不満が話題の中心となってしまうことが多い。でも、前向きに話し合える場を作ることで、道は開ける。
一つひとつのお店の魅力は十分にある。だからこそ、力を合わせて、可能性溢れる地域にしていきたい。
10917168_1051846181498119_1925575158513672042_o

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)