12月議会での市長からの市政報告-経済支援について

Pocket

まず、11月15日に実施された柏市商店会連合会によるプレミアム商品券事業について、販売場所の1つである柏駅ダブルデッキ上の販売が混乱により販売中止となりました。

現在、柏市商店会連合会において、販売方法を改め、抽選販売として事業を実施しております。本市としましても、円滑な事業の実施に向けて支援をしてまいります。

次に、市内中小事業者などの事業活動の継続や雇用確保支援を目的とした中小企業支援給付金については、8月末日で申請受付を終了し、これまで、延べ8、016件、合計16億3、200万円の支給を完了いたしました。

また、新たな経済支援として、市内事業者や農家が連携し「新しい生活様式」に対応した商品やサービスの開発、販路拡大に向けた取組に対し、費用の一部を支援する「柏市チャレンジ支援補助金」の申請受付を開始しているほか、さらなる追加支援として、中長期的に売上減少が生じている中小事業者に対し、従業者数及び売上金額に応じて事業の継続支援を目的とする新たな支援金制度の創設に向け、準備を進めております。

次に、市独自の生活支援策として、対象者を拡大し実施している「かしわ新生児特別給付金」については、11月15日までに出生届の確認ができた対象者約1、800名に対し順次申請書を送付しております。

引き続き、今後出生する新生児につきましても、円滑に支給の手続きが行えるよう、準備を進めてまいります。

http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/020100/p057008.html

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)