フライブルクのクラインガルテンKleingarten

Pocket

クラインガルテンKleingarten。
日本語訳では、小さな庭。いわゆる市民農園である。

作業しているおじさんとお話できた。
フライブルクの郊外のこのクラインガルテンでは、年100ユーロくらいで借りられる(最初に借りる時は前の借主の作った小屋の費用などもかかるが)。
水も使ってよいとのこと。溝掃除は分担して、自分たちで管理する。

作物を作るというのが第一目的ではなく、太陽の下、汗を流し、芝生の上で美味しいビールが飲めるのが最高と、おじさんは話していた。
花やハーブ、木も植えられていた。土地の使い方のルールは、あるようだ。

生産的ではないかもしれないが、利用者の生きがいや充実感はお金に変えがたく、耕作放棄地になるのではなく、人間の手の行き届いた自然を維持する上で、素敵な取り組みと感じた。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)